写真素材を使用する時に知っておきたいこと

ブログを趣味や副業で執筆する方々がいらっしゃいますが、テキストだけの投稿よりも、写真素材を入れて投稿した方が反響は大きくなります。最近はブロガーの数が一時よりも非常に増えましたので、記事内容を工夫して集客力のある投稿を意識しなければいけません。文章だけの記事は閲覧者が読みづらく、写真素材をまるで使わないブログはユーザーに避けられます。安定的なアクセス数を得るためには、リピーターというファンのユーザーを獲得しなければいけませんので、記事内容にマッチしたフリー素材を記事に挿入していき、雑誌のような楽しいデザインを心がけましょう。ビジネス関係の記事には、スーツを着こなしたスタイリッシュなビジネスマンの写真素材を挿入すれば、それだけで投稿内容に説得力が出ますし、投稿者の意図を伝えやすくなります。

無料の写真素材を利用する上での注意点

写真素材をブログ記事に挿入する上で知っておきたいことですが、全ての創作物には例外なく著作権が存在している点を理解しておきたいところです。無料で配布されている写真素材といっても、著作権が完全にフリーになっていない場合があります。配布するユーザーやサイトによって、注意事項は様々です。無料で出来る写真素材だからといっても、権利はカメラマンやサイト作成者に帰属しますので、注意事項で「加工や編集、改変は禁止」だと明記されていた場合は、素材をそのままの状態で使わなければいけません。ブロガーの方が無断で、画像ソフトを使って色彩を補正したり、サイズを変更したり、レイアウトを改変したり、他の画像と組み合わせて素材にする事は、著作権の認めない利用法となり、著作権侵害の恐れが出てきます。

無料でも、商業利用が禁止されている場合もあります

また完全無料で配布されており、写真素材のアレンジが権利者によって認められている場合でも、更に注意しておきたいのが「商業利用」の点です。ネットを通して自作の写真素材を配布するユーザーの多くは、いわゆるアマチュアのユーザーを念頭に置いて無償提供をしています。完全に自由に写真素材を利用出来るが、私的な利用に限る、との注意事項がサイトに明記されていたり、商業利用は禁止する等の文言が配布元にあれば、残念ですが企業のブログや宣伝用のSNSでは使えない可能性が高いです。最後に合否を判断するのは権利者自身ですが、企業の公式ブログや宣伝のSNS、そしてアフィリエイト用のブログにて無断で利用すれば、権利者から警告を受ける恐れは高く、トラブルのもとになります。写真素材を大変気に入りどうしても利用したい場合は権利者に相談した上で、許可を得るプロセスを経ましよう。無断での商業利用は絶対に避けなければいけません。